食材や栄養素にこだわって体の内側からシワ対策!

シワ対策の基本は美肌対策と同じ

なるべくならいつまでも若く見られたいもの。だけどシワが増えてくるとどうしても老けて見られてしまいます。前述の通り、シワには大きく分けて3つの種類があります。それぞれに合ったケアが必要だと考えると、ちょっと大変だな、と感じられてしまうかもしれません。

しかし、決してそんなことはありません。肌は食べたものによって作られます。漢方では「肌は内臓の鏡」と言われるほど、内臓の健康が肌に現れるのだとか。ですから、化粧品などによるスキンケアも大切ですが、同じように食べるものによって内側から美肌へとアプローチすることもできるのです。

そのためには、何か特別なものを食べればいいというものではありません。普段の暮らしのなかでなるべく肌質アップにつながるようなものを食べるように意識することが大切です。ホルモンバランスを整える、肝臓の機能アップでデトックス効果を高める、腸内環境を整えて消化吸収を助ける、といったことを意識しましょう。

シワを予防する食べ物って?

シワの予防に役立つ食材は、美肌やアンチエイジング食材として注目されているものです。例えば緑黄色野菜に多く含まれるβ-カロテンやエビやカニなどに多いアスタキサンチンなどのカロテノイド、チョコレートや緑茶、大豆、赤ワインなどに多いポリフェノールなどはアンチエイジング食材として注目を集めています。つまり、体を内側から若返らせる効果が期待できるというわけです。

他にも、緑黄色野菜やレバー、卵などに多いビタミンAは肌を瑞々しく保って乾燥を防いでくれますし、フルーツなどに多いビタミンCはコラーゲンの生成を促してハリをキープしてくれます。さらに、魚卵やナッツなどに多いビタミンEは血行を促して肌の老化を防いでくれます。他にも、DHAやEPAに代表される不飽和脂肪酸の「オメガ3」も血行を促進してくれるとして注目を集めています。

いずれにしても、あらゆる栄養素をまんべんなく摂るのが基本。それに、アンチエイジングや潤いアップなどにつながる栄養素をプラスするように心がけましょう。

シワの原因となる食べ物って?

逆に、肌の老化を早めてシワを招きやすい食べ物や栄養素などもあるのかというところも気になります。

実は、脂質や糖分の多い食べ物、そしてお酒なども摂り過ぎるとシワの原因になると言われています。例えば、脂質を摂り過ぎると、余分な脂質が体内で酸化して抗酸化物質を消費してしまいます。また、体についた脂肪がシワの原因となることもあるので注意しましょう。砂糖やごはんなどの糖質も、摂り過ぎると肌のたんぱく質と結びついて糖化が起こります。肌のたんぱく質が糖化するとくすんでしまったり、弾力が失われてシワができやすくなるので注意が必要です。

アルコールに関しては、飲みすぎた翌朝はお肌の調子が悪いという人も少なくないでしょう。これは、肌の弾力成分であるコラーゲンやエラスチンなどの代謝を抑制するコルチゾールという物質が分泌されているため。飲みすぎると肌の調子が悪いと感じられてしまうのです。ですから、アルコールはくれぐれも飲みすぎないように心がけてください。また、ダイエットのためのムリな食事制限などもシワの原因となることがあるので注意しましょう。