老け顔の原因となるシワのメカニズム

シワってどうしてできるの?

私たち人間の顔は、年齢とともにシワが増えていきます。生まれたばかりの赤ちゃんの肌はツルツル・スベスベですが、年齢とともにカサカサ・シワシワになっていくのです。このシワはどうしてできるのでしょうか?

実は、肌とひと言で言いますが、そこには表皮と真皮があります。表皮は外界からの刺激から守るバリア機能と、肌の生まれ変わりを促すターンオーバーの役割を担っています。一方、真皮にはお肌のハリや弾力を保つ役割があるのです。

お肌の手入れというと、どうしても目に見える表皮のケアにこだわってしまいがちですが、実は肌を支える土台となっているのは真皮層です。加齢にともなって真皮層にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが減少したり変質したりすることによって肌の弾力が失われ、シワができてしまうのです。

シワの原因は加齢によるものと諦めてはいけない!

真皮層のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などは、加齢に伴ってその機能が弱くなり、肌からはハリや弾力が失われていきます。しかし、シワの原因は決して加齢によるものだけではありません。

実は、シワの大敵は紫外線と乾燥です。紫外線は、日焼けを起こす美白の大敵と思われがちですが、それだけではありません。人間の肌は光を浴びることで「光老化」というものを起こし続けているのです。

太陽の光を浴びることによって肌が老化することを「光老化」と言います。若く、健康な肌の真皮層はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などで満たされ、ハリや弾力を保っています。ところが、太陽の光を浴びることによりこのコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が本来の機能を失ってしまいます。さらに、これらの成分を生成する肌細胞もまた、紫外線による光老化や加齢によって損なわれていくのです。また、乾燥もシワの大きな原因となります。加齢とともに太陽の光や乾燥などが影響してシワが増えていくというわけです。

表情ジワと真皮ジワ、エイジングジワがある

加齢も紫外線も乾燥も、いずれもシワの大きな原因となります。そのため、シワは原因の違いによって大きく3つの種類に分けられています。

1つはいわゆるエイジングジワと呼ばれるシワです。これは名前のとおり、加齢が原因となって肌が弾力を失ってできるシワです。加齢や紫外線の影響でコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など真皮層の機能が失われて深いシワを刻みます。2つめは乾燥ジワです。これは角質層の水分量が減少することによって発生する細かいシワのこと。ちりめんジワなどとも呼ばれる細かいシワです。そして3つめが表情ジワです。これは泣いたり笑ったりなど、表情をつくるときにできるシワのこと。何度も同じ表情を繰り返すことで、同じ場所に力が加わってシワとなるのです。

原因が異なるこれら3つのシワは、それぞれ対策が異なります。シワを抑えたくても加齢を止めることはできません。シワが発生するメカニズムをきちんと理解したうえで対策を取ることが大切です。