シワを防ぐ医療的なケアの種類と費用

ヒアルロン酸注入やボトックス注射

シワを予防するためには、紫外線と乾燥対策が不可欠。さらに、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など、真皮層の成分にアプローチするエイジングケア化粧品を使うようにしましょう。

それでもシワが気になるなら、医療機関での治療のなかでも比較的手軽なものから検討してみましょう。ヒアルロン酸注入やボトックス注射などは、メスを全く使うことなく、注射だけで肌のハリや弾力が蘇ったり、シワが目立たなくなったりするというもの。手軽な若返り術の1つとして人気を集めています。

ヒアルロン酸は肌の真皮層にあるタンパク質の一種で、目もとや頬、口もと、額などのシワ対策として人気。料金はだいたい1カ所につき5万円前後になります。一方のボトックス注射はA型ボツリヌス毒素を注入してシワをつくる筋肉の過剰な収縮を抑え、シワを目立たなくするというもの。汗止めなどにも使われますが、シワ対策としては各部位ごとにだいたい2~3万円前後というのが料金の目安になっています。

血小板治療(PRP治療)

PRP治療とは、最近注目を集める再生医療の一種です。PRPとは「Platelet Rich Plasma(多血小板血漿)」の略で、自分の血液中にある血小板を使って行う治療のこと。正確には「自己多血小板血漿注入療法(PRP療法)」と呼ばれる治療で、自分の血液から特殊な装置で血小板だけを抽出し、濃縮してから皮膚などに注入します。

血小板は体内の壊れた血管や細胞を治したり、出血時には血を固めて止めたりする働きがあります。この止血効果以外にも、新しい組織や細胞の成長を促すという働きがあることが分かっており、骨の再生や火傷の治療、傷の治療などに幅広く応用されています。

このような機能を備えた血小板を皮膚に注射することで、皮膚の組織や細胞の成長を促してシワを目立たなくすることができます。メスなどを使わない注射だけの施術なので痛みなどはありませんが、料金は20~30万円となります。

線維芽細胞移植術

医療機関で行うシワを目立たなくする治療のなかでも、今最も注目を集めているのがいわゆる肌細胞の移植です。正確には、線維芽細胞移植術と呼ばれる治療法で、さまざまな医療分野で注目を集める再生医療のなかでも最新の治療法です。自分の真皮層の中にある線維芽細胞を抽出して培養して増やし、再び真皮層の中へと戻すというもの。肌のハリや弾力に必要な成分をつくりだす線維芽細胞を増やすことで、肌を根本的に若返らせることにつながると期待されているのです。

肌の真皮層は紫外線による光老化や加齢などによってハリや弾力、瑞々しさなどをキープする力が失われていきます。このハリや弾力の元となっているのがコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの成分で、これらを生成しているのが線維芽細胞なのです。この線維芽細胞を増やして戻すことにより、肌は自分でコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出すようになり、ハリや弾力、瑞々しさを取り戻すことができるようになると考えられるのです。料金はどのくらいの量を投与するかにもよりますが、最低でも50万円程度は必要になると考えておいたほうがいいでしょう。